HACCP取得

米国HACCPを取得(平成28年4月5日付け)

当社は平成28年4月5日付けにて一般社団法人大日本水産会が制定する「水産加工施設HACCP認定制度」に基づき、米国HACCPを取得いたしました。

HACCPとは

HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式です。Hazard Analysis Critical Control Pointの頭文字からとったもので、「危害分析重要管理点」と訳されています。

食品の国際化を背景に、原材料、製品などが国際的規模で流通し、また環境汚染、微生物による汚染等々の中で従来行っていた最終食品を検査する方式では危害を十分に防止することは困難になってきます。食べ物の安全性を確保するには、その工程・加工・流通・消費というすべての段階で衛生的に取り扱うことが必要となり、食品製造行程中に危害防止につながる重要管理点をリアルタイムで監視・記録していく「HACCPシステム」の考え方が国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(Codex)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

品質管理と衛生管理

ただいま準備中です。

設備と製造工程

ただいま準備中です。

PAGE TOP